企業統合システムの優位性|クラウドのグループウェアでスケジュール管理が楽に

クラウドのグループウェアでスケジュール管理が楽に

婦人

企業統合システムの優位性

IT

企業統合システム誕生背景

企業における発注・計画・売上・管理・棚卸・在庫・資産等の管理・運用を行うシステムは、各企業毎にこれまでは、ばらばらに存在し、会社の中枢となる部門がそれらのデータを統合するなどして運営を行ってきました。このような運用をすることによって、各企業は社内業務自体に無駄な経費が発生します。これは、本来売上したい製品の原価を押し上げる原因になります。このような背景から、業務管理パッケージとしてERPが登場しました。部門の人数・資源に対する製品の生産性等、目先の売上ではなくこれからの予測も踏まえて、業務フレームワーク全体を管理するものがERPとなります。このようなフレームワークで会社の数値を見える化し、企業の現在の状況とこれからの成長性を把握することができるようになります。

企業運用改善

ERPは、多くのソフトウェア企業が差別化を行ったパッケージをリリースしています。中でもSAP社のソフトウェアがシェアの多くを持っていますが、SAP社製のERPにすることで、特に大企業は大量の売上・発注・棚卸といったデータを強固なフレームワーク基盤で処理を行うことが可能になります。それ以外のソフトウェアパッケージでも、同様の処理を行うことはできますが、企業の大きさによって、選択をする必要があります。SAP社の場合にはパッケージソフトであり、多くの企業に導入されてきた為、多くのパラメータ設定が存在し、各企業・部門に合わせてある程度の自由度を持った設定が可能となっています。もちろん、部門パラメータも豊富に成っているため、事業統合・部門統合といった組織再編成にも柔軟に対応をすることが可能になっています。